MUSE05DUOを試してみる。

オーディオレビュー
スポンサーリンク

懸賞で当たってしまった高級オペアンプ MUSE05DUO

みなさま、大変ご無沙汰しております。というか約4カ月ぶりのブログ更新で、
あけましておめでとうございます!
になってしまった。。。。(;^_^A

で、約1500人中100人に当たりました MUSE05DUO

詳しいスペック等は、公式サイトに委ねることにして、MUSE05を2つ合わせて2回路にしたものです。MUSE01に代わるフラッグシップモデルということで、すごく気になって応募していました(;^_^A

だって、MUSE01って3500円ぐらいするんですよ。高くて買えないです(‘◇’)ゞ

早速、白い箱を開けると・・・・

なんとビックリ!!!

宝石箱のようなものに入っているではないですか!!
もうテンションあがりまくり!!

スポンサーリンク

LXA-OT3のアンプでMUSE05DUOを試してみる。

といっても、手持ちの機材でひとつのオペアンプで動かせるものはアンプのLXA-OT3しかなかったので、これで試してみました。

といっても、今は、OPA627AUデュアル 8Pin DIP変換基板実装済みの通称シロクマ製が入っており、これはこれでレベルの高いオペアンプです。はい。。。

OPA627AU(しろくま)

この白いオペアンプが、OPA627AUのアンプですね。

曲はいつものビートルズと、最近マイブームのMISIAのアイノカタチです。
アイノカタチって、なんかオーディオ向きの曲じゃありませんか?私だけ。。そう思ってるの(‘◇’)ゞ

で、OPA627AUシロクマの感想は。。。。
・音がキレイ、透き通る。
・低音は控えめかな。

MUSE8920

といっても、 同じMUSE系統で比べないとかわいそうかなと思いまして。。。(誰に?)

同じMUSE系統は、MUSE8920MUSE8820しかなかったので、同じJ-FET入力であるMUSE8920と比べてみました。
(いやね。本当はMUSE01がいいですよ。。でも、もってないの(;^_^A)

今度はこの黒いオペアンプがMUSE8920です。

では、早速。。。
・OPA627AUよりは雑味がある気がする。
・でも、低音はしっかりある。

MUSE05DUO

最後に期待のMUSE05DUOを試してみましょう。

さて、はめよう・・・・あれ?でかすぎてはまらない(‘◇’)ゞ

なんてこったい。。。実は二回りほど大きいんです。

これだと使えないので、なんとか手元にあったオペアンプ用のICソケットを2段かませて高さを出しました。(本当に手元にあってよかった。。。。なんでも買っておくもんだ。)

なんとかこれで干渉せずに装着できました。本当は直に取り付けた方がいいんでしょうけどね。

では、満を期してMUSE05を聴こう!

・低音のメリットは、そのままに音に厚みがでる。
・解像度もすばらしく、音がキレイ。
・なんかMUSE8920とOPA627AUのいいとこどりみたいな感じ。

高級オペアンプってこうなんだ!本当にワンランクあがった。
なんか、この LXA-OT3改、メーカー製のアンプに負けなくなってきたぞ!

FX-AUDIO- TUBE-00J LIMITEDにも使ってみた

今、真空管プリアンプとして、このFX-AUDIO- TUBE-00J LIMITEDを使っています。

これのオペアンプBurr-Brown OPA627AUからMUSE05DUOに交換してみました。

・より音が立体的になった。
・低音、中音、高音、すべてにおいてワンランク上がった気がする。

やっぱりすごかった、このオペアンプ♪

今回の商品はこちら

ま、MUSE05は発売前なので、まだありません。。。(;^_^A

なので、OPA627AUの紹介を。。。これもいいオペアンプなんですよ。ほんとに。

悪いこと言わんから、安いからこれも買っておかれ。。。(‘◇’)ゞ
オペアンプはまらんだら、悲しいよ。。。いっしょに手入れておこう。

shopk2z ICソケット 丸ピン-8ピン(8P、8pin) 10個 セット
電子工作の際に重宝する丸型8ピンのICソケット10個セットです。 オペアンプなどの交換する部品を実装する際にご利用いただけます

コメント

タイトルとURLをコピーしました