ようやく、AIYIMA TUBE 6N3 T-7を試したぞ

オーディオレビュー
スポンサーリンク

オーディオマニアが評価するAIYIMA TUBE 6N3 T-7

もう、めちゃくちゃ後発組になってしまいましたが、ようやくAIYIMA TUBE 6N3 T-7を購入し、いろいろいじってみました。

マニアの業界(Facebookグループとかね)で、音がいい!ともっぱらのうわさのこのプリアンプ。
所詮、アンダー1万円のなかでは、音がいいだけでしょ。とずっと思っていて、見向きもしませんでした。

でも、そのブームが下火になるどころか、ずっと火がともったまま!
これは、もう買ってみて試すしかない! と、こっそり購入しました(;^_^A

AIYIMA TUBE 6N3 T-7をサラッと説明

AIYIMAは中国のメーカーで、いつもこのブログででてくるFX-AUDIO-とよく似た特色(アンダー1万円のアンプをよく出してる)を持っています。違いは、FX-AUDIO-は、NFJという日本法人が間に入って、日本仕様に仕上げてくることでしょうか。それだけに、私はFX-AUDIO-のほうが信頼があると思っていました。

で、今回のAIYIMA TUBE T-7ですが、一言でいうと真空管プリアンプですね。
音を調整するもので、各ソースからアンプに渡す間の機材と思ってください。めっちゃざっくりやな。

使っている真空管は、6h3n系の真空管です。
オペアンプは、これまた定番のNE5532Pが2つ入っています(初期ロットは3つだったとか)。

どうせ視聴レポートするなら、もう後発組だし、この真空管とオペアンプも交換してみよう!

スポンサーリンク

いざ、視聴。AIYIMA TUBE 6N3 T-7 まずは真空管比べ

ということで、まずは真空管を交換しながら、視聴してみました。
今回用意したのは、2種類です。オリジナルも入れて3種類で比べてみます。

今回の環境は、もともとプリアンプ機能がついていなかったKT-88プッシュプルアンプにつなげています。イコライザーは高音(Treble)、低音(Bass)ともに中間にしてあります。

真空管6h3n-EB ロシア管?のノーマルバージョン

・中音が得意なのかな。

実はこのノーマルバージョンでも、結構、音いいんですよね。
なので、実を隠そう、しばらくこのバージョン(っていうか何もせず)で聴いていました(;’∀’)

って、終わってしまってはいけないので、2つの真空管を試してみましょう。

真空管6h3n-AP ロシア管

見た目はノーマルより若干大きく、つくりがちょっと複雑になってます。

・音の分離がいい
・低音がでてるような気がする

という感じで、KT-88には渡しやすいしっかりとした低音がでてると思います。

GE 5670W USA管

さすがにもう1個試したいよね。3つから選びたいよね。
ということで、用意したアメリカ管。小さくてかわいいやつです。ちょっと温度が心配だけど。

・音がゆっくり

の印象を受けました。特徴は見た目ぐらいかな。。。(;^_^A

ということで、真空管対決?は、一応、音の改善がみられた

真空管6h3n-AP ロシア管を選ばせていただきました。

スポンサーリンク

いざ、視聴。AIYIMA TUBE 6N3 T-7 次にオペアンプ比べ

オペアンプは、ノーマルのNE5532Pはあまりにも定番すぎるので、昔を思い出して、久しぶりにオペアンプ交換を楽しんでみます。

っていうか、オペアンプの取り方へたくそだなぁ。。。ほんとはその前の基盤を外せばきれいにとれたんでしょうけど、きっと使わないオペアンプだからって、無理やりとったのがよくないね。。。速攻でゴミ箱行きになってしまった。

MUSES8920

まずは手元にもっていたMUSES8920から視聴してみました。

・音に温かみがある
・音が丸い

といった印象受けました。やはり、NE5532Pからなので、このクラスになったら改善しますよね。

新商品?OPA1612

続いては、NFJからの新商品?であるOPA1612を試してみました。
もともとOPA1622が好きだったので、期待がもてます。

と思って調べたら、OPA1622のほうが新しいんですね。なんだよー、おい!
でも、今回はあのNFJさんが新たに基盤を考えたということで、それに期待しましょう。

・音に切れがある。

うーん、この音の切れ。悪くないかも。

ということで・・・今回の組み合わせは、、、、

真空管6h3n-APロシア管 + OPA1612 になりました。
確かにノーマルバージョンと比べるとあきらかによくなったと思います。
併せて5000円ぐらいで次のステージにいけるので、おすすめします。

今回の商品はこちら

さすがにこれだけ人気がでてきたので、いろんなサイトからAIYIMA TUBE 6N3 T-7を購入できます。

が、一番安いアマゾンがおすすめです。

https://amzn.to/3yfrFn2
まずは真空管を紹介します。

6h3n-APを紹介したいのですが、ヤフオクで買いました。普通のお店にはなかったです。
すみません、ヤフオクで探してください。

GE 5670Wはありました!私の好みではなかったのですが、会う人もいらっしゃるかもしれません。

https://amzn.to/3ZoqJsx
次にオペアンプを紹介します。

私のブログでもよくでてくるMUSES8920です。お値段も手ごろで遊ぶにはもってこいのオペアンプです。

次に新しくなかったOPA1612です。でも、これ系の音、好きなんですね。私って♪
私の歴代の中でも、このアンダー1千円クラスがならトップクラスです

新ロット TexasInstruments OPA1612 2回路8PinDIP化オペアンプ完成基板 実装品 オーディオ用 高性能 超低歪 デュアル オペアンプ ローハイト :O524:NFJストア ヤフーショッピング店 - 通販 - Yahoo!ショッピング
※2023/04/13より新ロット!※・新設計基板を採用し、EMI対策と放熱効率UPによる高音質化 & ローハイト化!OPA627AU 2回路DIP化オペアンプ完成基板のご好評を受け、新たなDIP化完成基板オペアンプを販売いたします!SON...

ということで、今回はちょっと旬が過ぎてしまったAIYIMA TUBE 6N3のT-7モデルを視聴してみました。

最後に結論をいうと。。。
買いじゃないか、これ!
しかも、球転がしやオペアンプ交換、さらには電源強化でも遊べますな。

で、次の気になる疑問がでてきます。FX-AUDIO- TUBE-00J LIMITEDとどっちがいいんだろうか。。。って、気にしない気にしない、ひとやすみひとやすみ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました