AIYIMA TUBE 6N3 T-7のBluetoothとDAC

オーディオレビュー
スポンサーリンク

AIYIMA TUBE 6N3 T-7のBluetoothを試す。

すみません。。。なんかずいぶんとご無沙汰しております。オーディオをやめていたわけではありません!この4月から新規事業を始めまして。。。お仕事が忙しくて。。。(;^_^A

ということで、今回は前回の続き(といっても2か月前じゃんか!)で、評判の真空管オペアンプを実験してみました。
前回のおさらいですが、いろいろ試した結果、真空管6h3n-APロシア管 + OPA1612 になりましたね。

で、今回は、Bluetoothを使ってみました。

QCC3003Bluetooth5.0 モジュールらしいです。
といっても、このチップがどういうものなのかわからず、、、チップでも音が変わるのかな?
わからないけど、5.0だから最低限クリアしているということですね。
(でた!何気の上から目線)

でも、肝心のDACチップが何かは書いてない。

やさしいAmazonユーザー様が調べて書いてありました!
あのESSのES9018K2Mらしいです。中華のこの価格帯では定番ですね。いいと思います!
(また!謎の上から目線)

スポンサーリンク

いざ、DACの視聴

ということで、Bluetoothを設定して、「TUBE Audio」という名前がでます。
で、HDかそうじゃないかを選べたので、HDにしておきました。

いざ、試聴
・ESSのES9018K2Mらしく、そつなくこなします。
・あえて言うなら、低音がぐんぐんくるね。好みですが。
・BGM用途なら、これで十分!

ということで、満足です。。。。。って、それだけか!

おまけのヒートシンク改善

やはり、真空管ですからね。熱くなります!
ということで、私はこれを上においてます。

ほのかにあったかくなっているので、ほのかに効果はあるんでしょうね。。。。

今回の商品はこちら

いろんなサイトからAIYIMA TUBE 6N3 T-7を購入できますが、アマゾンが一番安いかもですね。

あと、気休めのヒートシンクです。いろんなサイズがあるので、気休めに使ってください(‘◇’)ゞ

Bitly

しばらく、これでも聞いてみます。。。

普段使わない機能を掘り起こすのも楽しいですね(^^♪

皆様も楽しいオーディオライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました