大人の科学 トイ・レコードメーカーで遊んでみた。

オーディオレビュー
スポンサーリンク

2ヶ月以上待った、この日。自分でレコードつくります。

昨年2019年末かな?あの大人の科学からレコードをカッティングできるマシン(おもちゃ?)がでると発表がありました。
で、早速、年明けに「大人の科学マガシン トイ・レコードメーカー」を予約注文をしました。

僕はこのamazonのレコード増量版を買いました。
今思えば、こんなに録音することなんてあったっけ。。(^_^; まー、そこはよしとしよう。

【Amazon.co.jp 限定】トイ・レコードメーカー 増量版 (大人の科学マガジンシリーズ)
【Amazon.co.jp 限定】トイ・レコードメーカー 増量版 (大人の科学マガジンシリーズ)

で、今日2020年3月28日、マシン(おもちゃ?)が届きました。

早速、中身をみるとそれなりの部品数が・・・再生機能もついているのでレコードプレーヤーがつくれるのは楽しそうです。

手前のが録音レコードです♪
スポンサーリンク

レコードカッティングマシン&プレーヤーを組み立てる。

完成イメージはこんな感じ。普通のレコードプレーヤーって感じですね。

ベルトタイプです。音がまろやかそうです。。(^_^;

内蔵スピーカーです。8Ω1Wの直径39mmでした。参考までに。。。
(替えたくなる人いるだろうなぁ。。。(^^ゞ)

これが針です。。。プラスチック?とにかくしょぼいのはすぐわかりました。。(^_^;

これがメイン基板です。
電解コンデンサは22μF25Vで、チップ(おそらくアンプだと思います)はCHIPSTAR CS8138S BJ33と書いてありました。

いじる人はチップも交換しちゃうんだろうなぁ。
さすがに僕には小さすぎてちょっとムリかも
ちなみにデータシートを見つけました。念のため、これです。。(^_^;

中はこんな感じです。左のベルトはカッティングマシンを動かすようです。

ジャジャーン!!完成です♪

録音カッティングと再生の夢のダブルアーム(意味違うか)(^^ゞ

おまけテスト

ひげダンスを流してみました。良い感じに音がなりました。
EPレコードも流せますよ♪

スポンサーリンク

いざ、録音開始。

スピードは33と45の両方ができて、モノラル録音になります。

3.5mmのステレオからモノラルの変換ケーブルがついています。
以下のような変換ケーブルがあったほうがいいですね。今、買いました。

アクロス 中継コネクタ ステレオミニプラグ変換/メスメス型/ステレオミニジャック3.5mm-ステレオミニジャック3.5mm (2個入) AVC119
AVC119
VCE RCA 3.5mm 変換ケーブル 3.5mmメスー2RCAオス Y型 RCAケーブル 分岐 金メッキ 23cm
3.5mmステレオ(メス)→RCA(オス)x2変換ケーブル0.2m コネクター部分を伝送信号が劣化しにくい金メッキ処理 ・【保証提供】18ヶ月の保証、カスタマーサポートをご提供しております。万が一、問題がございましたらご連絡を頂けると迅速に対応致します。

レコードカッティング開始

とりあえず、マニュアルに書いてある最初のやり方(スピード45、ボリューム3分の1?)でやってみる。
かすかに音が聞こえるので、これが振動になって削っていくんだなぁと。

このサーっていう音なんとかならないのかな。再生してもそのままサーってなります。
これじゃないかもしれませんが。。。

レコードを再生してみる。

次に再生します。微かになっているよね。。。(^^ゞ
低音のほうがよく響くからか、低音はちゃんととらえているような気がします。

これから、セッティングとかして音質をあげていきましょう。

番外編

うちのメインしてステム。DP-500Mで聴いてみる。

サーっという音がはっきりきこえる。これをなんとか消せる方法ないかなぁ。

スポンサーリンク

次回の課題です。

次回は、カッティング技術をさらに磨きたいと思います。
さすがにもうちょっと音質をあげたいですよね。

とりあえずはみなさんも気になってるかなと思いまして、あげてみました。

ちなみに付録の雑誌(あっ、付録がマシンか(^_^;)も、なかなか読み応えがあり、レコードの基礎が学べて、雑誌もおすすめです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました